人形劇団ひとみ座

人形劇団ひとみ座主催公演「かわいいサルマ」特設サイト

2021年8月18日(水)~22日(日) 横浜市教育会館 ホール《エコーレ》
かわいいサルマ

とびっきり元気なアフリカの赤ずきんちゃん!

出演人形劇団ひとみ座劇団AFRICA
南アフリカの絵本作家、ニキ・ダリーさんの素敵な絵本が人形劇に。アフリカ音楽とダンスに心が弾む!
南アフリカの絵本作家、ニキ・ダリ―さんの素敵な絵本が人形劇に。アフリカ音楽とダンスに心が弾む!
原作ニキ・ダリー翻訳さくまゆみこ

かわいいサルマって、きみのこと?

ええ、そうよ

サルマはアフリカの女の子。

大好きなおばあちゃんにたのまれて町まで買い物に。

ところがいつのまにか あやしい犬がついてきました―。

2021818日(水)~22日(日)横浜市教育会館 ホール《エコーレ》(横浜桜木町)

住所:横浜市西区紅葉ヶ丘53
JR「桜木町駅」から徒歩10分 市営地下鉄「桜木町」から徒歩10分
横浜駅東口バス乗り場B階段7番から103系統バス乗車「戸部一丁目」下車 徒歩1分

 8/18・水19・木20・金21・土22・日
開演時刻 14:00 11:00 14:00 11:00 14:00 11:00 11:00 14:00

開場は開演の60分前になります。

チケット料金

前売一般  2600円   当日一般  3000円

前売子ども 2000円   当日子ども 2400円

ひとみ座倶楽部 一般  2200円 子ども 1800円

団体(10名以上) 1800円

※全席指定 子ども料金は3歳~小学生まで

※団体でのお申込はひとみ座までメールかお電話でお申込ください。

一般チケット発売開始 2021年6月19日

チケットお申込み・お問合せ

人形劇団ひとみ座
TEL 044-777-2225(月~土 10時~18時)
FAX 044-766-0249
Eメール puppet@hitomiza.jp
ひとみ座公式ウェブサイト http://hitomiza.com/

↑ひとみ座公式ウェブサイトはこちらから

ひとみ座チケット売り場 https://hitomiza.com/form/ticket.html

Confetti-web.com(WEB予約、セブンイレブン発券)
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=61351&

※指定席引換券。当日受付にて座席指定券とお引替え下さい。

【主催】 人形劇団ひとみ座
【後援】 横浜市教育委員会、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
文化庁文化芸術振興費補助金
(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

新型コロナウイルス感染防止対策のため次の対策を実施します。

「みんなで安心して楽しめる人形劇」にご理解とご協力をお願いします。

ご来場時にはマスクの着用をお願いします。また、ご来場時の検温、手指の消毒にご協力をお願いします。

当日体調不良の際は、恐れ入りますがご来場をご遠慮ください。また、ご入場の際の検温で37.5度以上の数値が出た際は、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。なお、体調不良とする場合のみ、予約後のキャンセルを承ります。

出演

人形劇団ひとみ座

篠崎亜紀
田中弘映
日比英理子
田川陽香
照屋七瀬
足立沙樹
勝又茂紀
山本コーゾー

劇団AFRICA

村井宏樹
藤井るみ子
中本将夫

劇団AFRICAについて

九州を代表するアフリカンアーティストたちが集まった、今年で結成17年目、総勢13名のエンターテインメント集団。劇団編成は、ジェンベなどのアフリカ伝統打楽器からなる楽団と、エネルギッシュなアフリカンダンスを展開する舞踏団からなりワークショップや小、中、高等学校での文化交流・国際交流事業・アーティスト招聘事業・各種イベントへの出演・乳幼児親子対象作品上演・高齢者向けプログラムなど、福岡を中心に国内外で精力的に活動している。西アフリカの伝統芸能を通して「心を結び 人をつなぐ」感動体験を発信中。

劇団AFRICAのウェブサイトは:www.g-africa.com


スタッフ

演出:知念正文(劇団鳥獣戯画)

人形美術・舞台美術・衣装:浦部裕光

作曲:雨宮賢明

演奏とダンス:劇団AFRICA 村井宏樹 藤井るみ子 中本将夫

原作:ニキ・ダリ―  翻訳:さくまゆみこ  脚本:田坂晴男  照明プラン:吉嗣敬介  音響プラン:森下勝史

演出助手:西田由美子  美術進行:小倉悦子  人形・道具プラン:伊東亮  舞台監督:勝又茂紀  宣伝美術:三浦佳子  制作:甲斐勝人・田坂晴男


「かわいいサルマ」のメイキング風景

人形の構造を話し合う。どんな人形にしようか。
美術家と製作者とで入念な打合せ。
魂を入れるモデリング。
モデリングされたカシラがハリコになっていく。
サルマ:さぁ、人形がカタチになってきたぞ。
イヌ:様々な素材によって作られている。
家のセットの大きさをチェック。
下塗りされたセットが次々と鮮やかな色に塗られていく。
人形もできあがり、役者の手によって命が吹き込まれる。
はじめての稽古。段々ワクワクが高まってくる。
作曲の雨宮さんによるヴォイスチェック。
各自の声のキーを確かめる。
 

原作者について

原作:ニキ・ダリー Niki Daly

南アフリカの絵本作家、ポップミュージシャン。1946年、ケープタウンで生まれ育つ。大学で美術とデザインを学び広告業界に入る。その後、教師やイラストレーター、児童書の編集者などを経て、現在は母国を中心に絵本作家として活躍。豊かな構図と明るい色合いの水彩画が特徴で、代表作“Not So Fast, Songololo”では、様々な人種の子どもを登場させながら、子どもと大人の交流を温かく描いている。その後もTHOKO、LOLOといった新作、特に女の子を主人公にした作品を意欲的に発表。ケープタウン在住だが、現在は感染症を避け絵本作家で奥様のジュードさんと郊外のクレインモンドという小さな海辺の村で暮らしている。

演出家について

演出:知念正文(ちねんまさふみ)

仕事:脚本・演出・振付・作詞・俳優・講師・映像監督

劇団鳥獣戯画(1975~現在)150~200作

劇団にこっとちゃ茶 総合プロデューサー(1999~2021)21作

入間市民ミュージカル(2004~現在)18作

湧別町子供ミュージカル体験(2001~2020)10作

デーリー東北社主催「入学おめでとう大会コンサート」(2003~2014) 12作

人形劇団むすび座・劇団飛行船・NHKおかあさんといっしょファミリーコンサート・下北沢演劇祭・日生クラシックコンサートなど

【ひとみ座との仕事】

日生ファミリー劇場「小さな山神スズナ姫」(2005・2007・2009)

「ゲゲゲの鬼太郎 決戦!竜宮島」