トップページ>ワークショップ

[ワークショップ]一緒に人形劇を作りませんか。

人形劇には楽しい「おしごと」がたくさんあります。
人形を作る、動かす、演じる。
どの「おしごと」をするにも一番大切なのは、コミュニケーション。
自分の気持ちを表すこと。一緒に作る人の気持ちを感じること。見ている人に伝えること。
人形を通じて、たくさんコミュニケーションしてみませんか。

ワークショップのご案内

石原ひとみ(ひとみ座幼児劇場)のペープサート

石原ひとみのペープサート 例:「3日間コース」
  10:00 13:00 15:00
1日 (1) (2) (2)
2日 (3) (4) (5)
3日 (6) (6)  
(1) A:ペープサート実演「お花畑」「ブタとオオカミ」
*参加者がつくる同型の人形ミニシアター
B:ペープサートの話
*ペープサートとはなぜペープサートか
 名称の由来、ルーツ
(2) ペープサートの人形をつくる
*人形画の描き方
*彩色、はりあわせ、はさみ仕上げ
(3) ペープサートの演技レッスン
*人形の持ち方
*人形の動かし方転画操作のコツ転画の方法
*歩く出会う会話
(4) ペープサートの演技レッスン
(5) ペープサートの演出 劇をおもしろく
*テンポ、リズム、間、盛り上がり
*音
(6) 発表/合評
*観客とのコミュニケーション

『音・おと・・・OTO』

講 師 やなせけいこ
(音楽教師を経験後、デフ・パペットシアターひとみの創立に参加。近年は、民族楽器を使っての演奏、作曲で参加。手作り楽器を使ったワークショップを行う)
定 員 20〜25名
会 場 会議室 集会所など
費 用 公演料 演具運搬費(交通費、消費税別)

『手作り人形 ふたごのうさぎ みみ助みみ平』

講 師 伴 通子
(乙女文楽遣い手。人形劇が大好きで、自ら考案の人形を使って、暖かみのある舞台を表現する)
教 材 台 本
日 程 10日間
費 用 人形材料費、講師料(交通費、消費税別)

演劇ワークショップ『お芝居を遊ぶ〜とびだせこころ ワクワクドッカーン!』

自分のイメージした世界を表現していく楽しさ、自分にない世界・イメージを受け取る楽しさ、そして同じ世界を他の人と共有し作り出す楽しさ。「お芝居を遊ぶ」とは楽しさを体感することです。

ワークショップの実例・プログラム
その1 心と体をほぐす。
〔自分の体で動いて・感じて心をほぐすためのゲーム遊び〕
その2 ウレタン人形を作る
その3 人形(物)を使って表現する。人形製作とものがたりの創作
〔物に気持を託して表現し、お話しの中で遊ぶ〕
その4 発表:自分たちの表現を他の人達にみてもらう。
【実施要項】
会 場 全員が立って動きまわれるスペース(リハーサル室など)
定 員 20名
※定員が20名をこえる場合は、助手が入ります。
対 象 小学生以上
時 間 2時間または1日(午前・おもに人形製作/午後・ものがたりの創作と発表)
※時間は、半日で開催するなど自由に変えられます。ご相談下さい。
また、長期にわたる講座もご要望に応じられます。
費 用 講師料(消費税・交通費等諸経費別)
※長期の講座、助手の講師料は、別途、ご相談とします。

ワークショップの内容や今後の予定に関してのお問い合わせがありましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお尋ねください。
お問い合わせフォーム