はれときどきぶた

harebuta1.jpg

きょうのてんきは はれときどきぶた でしょう

奇想天外なお話が人形劇になって帰ってきた!
則安くんの書いた《あしたの日記》が次々と現実に。
これって、まさか!?夢と現実の間で則安の見たものは、何?
三人の人形遣いが、ボサノバギターのリズムに乗せて繰り広げる、摩訶不思議な世界

ものがたり

畠山則安。9歳。小学3年生。
則安は同い年の子に較べて特別背が高かったり、低かったり、かけっこが速かったり、
遅かったりするわけではない。
学校の成績も特別いいわけでもない。むしろちょっと悪い?
でも、則安が人に自慢できることがある。
それは日記を書くこと。

でも、お母さんがこっそりぼくの日記を読んでいる。
そして笑っている。
こうなったらお母さんをぎゃふんと言わせてやる。
そうだ、あしたの日記を書こう。

こうして書き始めた思いつきの"あしたの日記"が次々とありえない現実に。
トイレにへび、えんぴつのてんぷら、金魚がとびだしてアッカンベーをした。
そしてスマホの天気予報は何気なく告げた。
「今日の天気は、午後から はれときどきぶたでしょう。」

スタッフ・キャスト

                         
矢玉四郎 作 「はれときどきぶた」(岩崎書店刊)より
出演 松本美里、森下勝史、来住野正雄
脚本・演出 西上寛樹
美術 本川東洋子
音楽 庄子智一

実施要項

はれときどきぶた 実施要項
作品名 はれときどきぶた
上演時間 60分
編 成 3名
対 象 幼児・小学生・一般
対応企画 公立文化ホール自主事業/教育委員会主催演劇鑑賞会/小学校演劇鑑賞会・演劇教室/子ども会演劇鑑賞会/各種鑑賞団体鑑賞会・例会/イベント等
会場条件 集会室、多目的ホール、体育室など平土間スペース
ホール会場の場合、ステージ高は60㎝まで、前半分は平土間希望
理想観客数 100名
舞台最低条件 間口7m/奥行5m/プロセミアム高2・7m
舞台設営 1時間30分
舞台撤去 1時間
照 明 基本は持ち込み  /ホール設備+一部持ち込み
音 響 基本は持ち込み  /ホール設備+一部持ち込み
移動方法 器材運搬ワゴン車3名(会場条件によって+1名)

見積及び資料を御希望の方は公演のご依頼・ご相談よりお問い合わせください。公演のご依頼・ご相談