ひょっこりひょうたん島「泣いたトラヒゲの巻」

hyoutan-ref1.jpg

1964年から1969年までの5年間、放送回数1224回。
あの「ひょうたん島」が舞台でお楽しみいただけます。
ひとみ座の舞台用に書かれた唯一の脚本です。



ものがたり


ある日のこと、「コケコッコー!」トラヒゲがニワトリの恰好をしています。
ガバチョもハカセもサンデー先生もびっくりです。
タマゴをあたためてヒヨコにかえし、ニワトリに育ててタマゴを産ませて、
トラヒゲデパートで売ろうとしていたのです。
ところが育ったニワトリたちは、タマゴを産まないオンドリばかりで......?!

舞台

hyoutan-butai1.jpg hyoutan-butai2.jpg hyoutan-butai3.jpg

ひょうたん火山の噴火により漂流を始めた「ひょうたん島」。
そこに次から次へとヘンテコな大人たちがやってくる―


放送当時のセリフ、生き生きとした人形の操演で、
ひょうたん島の世界が目の前でくり広げられます。

hyoutan-butai5.jpg hyoutan-rep2.jpg

スタッフ

井上ひさし・山元護久
演出プラン 雪正一・須田輪太郎
キャラクターデザイン 片岡 昌
音楽 宇野誠一郎

声の出演(録音)

            
ガバチョ 藤村有弘
トラヒゲ 熊倉一雄
サンデー先生 楠 トシエ
ハカセ 中山千夏
キッド 藤田淑子

見積及び資料を御希望の方はこちらからお問い合わせください。公演のご依頼・ご相談