くるしまたけひこ人形劇場「カラスとおともだち」


karasu-omote.jpg

明治・大正・昭和の時代に活躍し、「日本のアンデルセン」と呼ばれ、
日本全国で愛された久留島武彦の童話から二作品を人形劇化。
久留島武彦が生まれた大分県玖珠町と、ひとみ座が協力して生まれた作品です。


見積及び資料を御希望の方は公演のご依頼・ご相談よりお問い合わせください。公演のご依頼・ご相談

ものがたり

「カラスとおともだち」

森のカラスは乱暴者でひとりぼっち。
でもある日、ネズミと一緒に猟師に捕まったカメを助けてなかよしになります。
カラスはネズミとカメと遊んだり、お話しをするようになります。
「ともだち」が出来たのです。

karasu-story.jpg

併演:ペープサート「トラのこウーちゃん」

トラの子ウーちゃんはどうしてもニンゲンがみたくなりました。
お母さんの言いつけを破って山を下り、ニンゲンを探しにでかけます。
はたして、ウーちゃんはニンゲンに会うことができるのでしょうか。

toranoko-story.jpg

スタッフ・キャスト

                         
「カラスとおともだち」
原作 久留島武彦 『ともがき』より
脚本・演出・人形美術 岡本三郎
音楽 やなせけいこ
監修 中村孝男


「トラのこウーちゃん」 
原作 久留島武彦 
脚本・演出・美術 中村孝男
音楽 やなせけいこ


出演 山本コーゾー・蓬田雅代・若狭博子

実施要項

作品名 くるしまたけひこ人形劇場「カラスとおともだち」併演「トラのこウーちゃん」
上演時間 50分
編 成 3名
対 象 幼児・一般
対応企画 幼稚園・保育園の観劇会/公立文化ホール自主事業/教育委員会主催演劇鑑賞会/子ども会演劇鑑賞会/各種鑑賞団体鑑賞会・例会/イベント等
会場条件 幼稚園・保育園の遊戯室、体育館や集会場、公立文化施設の小会場・小ホール(固定席でもフラットなスペース・平土間でも対応)
理想観客数 100名〜150名前後
舞台最低条件 間口5.7m/奥行き2.5m/高さ2.5m
舞台設営 1時間30分
舞台撤去 1時間
移動方法 器材運搬ワゴン車3名(会場条件によって+1名)

見積及び資料を御希望の方は公演のご依頼・ご相談よりお問い合わせください。公演のご依頼・ご相談